バガスに願いをこめて

URUBANAの理念

皆さん、こんにちは!

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

今回は43日に新に発売される商品のパッケージのこだわりをお伝えしたいと思います!はやいもので今年もあっという間に門出のシーズンがやってきました。

この季節に欠かす事の出来ない、“”は今年も例年以上に早く開花宣言がなされましたね。

冬の寒暖差も激しく、地球温暖化が進んでいることを感じずにはいられません。

 

地球温暖化に対する施策は世界規模で様々な取り組みがされていますが、

当社(当グループ)は起業時から100年後も続く事業を”

という理念のもと活動してきました。

私たちが選んだ資材

そこで、新たな製品が発売となる際にも何かできることはないかと開発チームで考え

容器が入っている箱資材にバガスという素材を採用しました。

 

“バガス”とはお砂糖などを作る際に使用されるサトウキビのしぼりかすを再利用したもの。

この素材の話を聞いたときに、チームみんなで“コレだ!”となりました!

 

宮古島出身の企業として、島の特産であるサトウキビをゴミにすることなく循環させるこの素材は当社にまさにピッタリ!!!そして、何より手触りや風合いが素敵なんです♪

 

どんなにエコな活動だとしても、強度や見た目の観点が劣っていてはお客様にお届けする大切な商品として採用するわけにいきません。

 

その不安を一掃してくれた優しい手触りは

ぜひ!この商品たちを手に取って沢山の皆さんに感じていただけたらなと思います。